9/13 スペイン渡航情報~日本がスペイン保健省が定める危険国・地域のリスト入り~

皆さん、オ~ラ~!カタマールです。

今回はスペインへの渡航についての最新情報ですが、残念なニュースが飛び込んできました。。。

日本がスペイン保健省が定める危険国・地域のリスト入り

 

①「9月9日、EUはEU域外からの渡航制限勧告の例外となる第三国リストから日本を除外」これを受けて、「9月13日、スペイン保健省が定める危険国・地域のリストに日本が含まれたことから、日本からスペインへの渡航時にワクチン接種証明書、PCR検査陰性証明書又はコロナ回復証明書のいずれかを求められる可能性あり」(在スペイン日本大使館)

つまり、今まで日本は、渡航の際に「ワクチン接種証明書、PCR検査陰性証明書又はコロナ回復証明書の提示義務のない例外国」でしたが、この度、コロナ感染拡大を受けてその例外国から除外されたわけです。

今後、日本からの渡航に制限がかかった場合は?

さらに在スペイン日本大使館のお知らせによると、

「9月14日現在、日本からの入国を制限する措置は官報等ではいまだ発表されていませんが、スペイン保健省HPでは、既に日本からの渡航を制限する以下③の措置(本文②(①)の措置)が記載されています」

「日本からの渡航が制限された場合には、スペインを含むEU・シェンゲン協定域内国の居住権をお持ちの場合(身分証明書(DNI又はNIE)を保持している場合や就労・留学等のビザを取得している場合)等の例外要件を満たしていない場合は(上記①とは異なり、)ワクチン接種証明書を所持している場合にのみ入国が可能となります」とあります。

未だ具体的な入国制限の内容、および施行は発表されていないものの、制限された場合は入国には下記の条件をクリアしなくてはいけません。

・EU・シェンゲン協定域内国の居住者の場合(身分証明書を保持している場合や就労・留学等のビザを取得している場合)

→渡航時にワクチン接種証明書、PCR検査陰性証明書又はコロナ回復証明書を提示

・EU・シェンゲン協定域内国の居住者でない場合

→渡航時にワクチン接種証明書を提示

 

証明書の提示が必要なかった今までよりハードルが高くなりました。。。

では、日本でワクチンを打てば渡航できるのか?

じゃあ、制限がかかった場合でも日本でワクチン打ったし、接種証明書さえとれば行けるってこと?

と思った方、実はここが一番複雑なポイントなんです。。。

まず、ワクチン接種証明書にも下記のように条件があります。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書
ア ワクチン接種証明書は、ワクチンの最終接種日の14日後から有効
イ ワクチンは、欧州医薬品庁又は世界保健機関によって承認されたも
ウ 証明書は、(1)氏名、(2)ワクチン接種完了日、(3)接種したワクチンの種類、(4)接種したワクチンの回数、(5)発行国、(6)証明書発行機関、に関する情報を含む必要がある

日本の接種証明書も上記の要件を満たしているのですが、現在までスペイン政府から日本のコロナワクチン証明書が使用可能との確認が取れてないようです。。。

そう、日本でワクチンを接種して証明書をとっても、まだスペインでは使用できないかもしれないのです(汗)

えっ、じゃあワクチン打っても今はスペインいけないじゃん!
そう、スペインで使用できるまで観光目的で渡航できないことになります。。。

ちなみに使用できる国は下記の外務省のHPで確認できます。

<日本のワクチン証明書が有効な国>
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html

う~~ん、イタリアやフランスではもう使用できるそうですしスペイン政府さん、お願いしますm(__)m

まとめ

・9月13日、日本がスペイン保健省が定める危険国・地域のリスト入り

・今まで必要なかったワクチン接種証明書、PCR検査陰性証明書又はコロナ回復証明書を求められる可能性あり。

・日本からスペインへの渡航に規制がかかる場合、EU・シェンゲン協定域内国の居住者以外はワクチン接種証明書が必要に(9月14日時点では具体的な内容と施行の発表はなし)

・残念ながら未だ日本のワクチン接種証明書はスペインでは使用できるか不明。

・旅行目的の渡航は少なくとも日本のワクチン接種証明書の使用がスペインで認められてから。

最新情報をチェックしよう!